プロフェッショナルの仕事ができるエージェント



不動産エージェントに求めるものは「プロフェッショナルを実行できる人」というシンプルで的確な答え。


1992年から続く『リトルウッド』を経営される小森たかおさん。

お父様から引き継がれたお店を守り発展させることを目指されています。ご自身が「プロフェッショナル」であるからこそ、エージェントにも高い意識を求めます。



1992年から続く喫茶店『リトルウッド』の小森さん

都営大江戸線・三田線「春日駅」、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」からすぐに位置する喫茶店『リトルウッド』。1992年8月にお父様が開店されました。


お父様から代替わりをされ、忙しくも落ち着いた雰囲気のお店で昔ながらの美味しいコーヒーと食事を提供されています。お店に古い印象はなく、それでいて落ち着いた「居心地のいい空間」。ながく続かれている理由はそこにありそうです。


カレーライスを「内側」にたまごで包まれた『カレーのオムライス』は小森さんの新メニュー。やや半熟ぎみのたまごでカレーを包むのはテクニックを要します。驚きと同時に懐かしいカレーを楽しめます。




現在は2DKの賃貸マンション

フィアンセであり仕事のパートナーであるちはるさんとお店ちかくの賃貸マンションにお住まいとのこと。


2DKのお部屋はいまのお二人にはちょうどよく不便は感じられていないようですが、これからご結婚を視野にいれられているなか、遠からずもう少し広いお家に移ることがありそうです。



家を買うとしたら「安心して子育てができる場所」を重視

「家を買うときは場所を重視します。高級マンションなどではなくても良いので、治安面などから安心して生活できるところがいいです。子育ての環境がよいところですね。例えば、子供が飛び出すことを気にして車を運転できる人柄だったり、周囲に配慮できる人間味のある人たちが住んでいる環境がいいですね。お店が大きくなって店舗が増えたら千代田区や中央区も考えますが、やはり住み慣れた文京区がもっとも望ましいかもしれません」





一から説明してくれるエージェント

長年文京区に住まわれている小森さん。エリアについてはエージェントよりも詳しいかもしれません。小森さんのエージェントに求められることは「不動産についての情報」を適切に説明してくれることのようです。


個人事業主ということもあり、一般的な会社員よりも住宅ローンの審査は厳しめ。小森さんも住宅ローンについては興味を持たれています。「住宅ローンも気になりますし、マンションをじっくりと選ばせてほしいです。私たちは不動産については素人ですから、ネガティブなポイントも含めて一つひとつ教えてほしいです」



プロフェッショナルの仕事をするエージェント

「じっくりと内覧する時間もほしいですし、詳しい説明も聞きたいです。優雅に落ち着いていて、友達感覚ではいけませんが気軽に相談できる話しやすい人。これを全部実行できる人はプロフェッショナルなんだと思います。そんな人が私のエージェントになってほしいです。ちょっと要求し過ぎでしょうか(笑)」


色々なタイプのエージェントがいます。そのなかでも小森さんは感性に優れたタイプのエージェントを好まれているようです。相手の望んでいることをしっかりとキャッチできるエージェントが理想に近いかもしれません。要求し過ぎではなく、小森さんの理想に適ったエージェントと出会うことができるはずです。



ソーシャルスタイル:ドライビングよりのエクスプレッシブ

感性や感覚に優れたエクスプレッシブ。成果をだすことにフォーカスしているドライビング。さすがに飲食店を営まれているだけあり、感性・感覚的なことを大切にされつつ、成果を出すことにもフォーカスされています。


お話を伺うところ、小森さんには同じエクスプレッシブやドライビングの傾向があるエージェントとの相性が良いかもしれません。



小森さんにオススメなエージェント

〈条件〉

・マンション購入に詳しいエージェント

・1からの説明が上手なエージェント


〈人柄〉

・エクスプレッシブ

・ドライビング



取材をさせていただき、ありがとうございました。

また美味しいランチを食べによらせていただきます。





喫茶店『リトルウッド』

住所:文京区小石川2丁目24-12ストーク小石川1F

電話番号:03-3812-9316





  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

©2019 by MyBestAgent.Chimidly